肥満が薄毛原因に?発毛させるはずの栄養が脂肪に変わり毒を溜めこんでいる!

肥満が薄毛原因に。発毛させる栄養が脂肪に。ハゲ対策も虚しく。。

 
肥満は薄毛の原因って本当!?
 
 
なんか見た目的にも健康とはいえないから
 
髪の毛にも悪影響を及ぼしているのだろう。
 
太っていると頭皮も脂っぽくなって毛穴につまって
 
髪の毛が抜け落ちていくのだろう。
 
以前僕はそのような考えで肥満を軽く見てきました。
 
 
しかし
 
 
肥満にはもっともっと深い関係があったのです。
 
 

脂肪が栄養素を奪っている

 
今まで『たくさん食べること』が身体のためであり健康と信じてきました。
 
しかし腹八分目はふさふさへの道でも紹介したとおり、
 
現代人の多くはカロリーオーバーの栄養失調という事態に陥っています。
 
栄養のない糖質・脂肪・添加物だらけの食べ物をお腹いっぱいに食べて満足。
 
さらにロクに運動もしないからどんどん身体は大きく重くなってばかり。
 
そんな中、ただでさえ少ない貴重な栄養素を奪われていると気が付いていますか?
 
その身体にため込んだ脂肪が貴重な栄養を奪っているのです。
 
身体が大きくなればたとえ脂肪であっても、その分栄養が必要になってきます。
 
そこに栄養がとられてしまい、髪の毛の分がほとんど残らなくなってしまう事態に。
 
贅肉は文字通り「贅沢な肉」であり、本来は必要のないお肉。
 
 
食生活を見直し本当に栄養あるものを身体に食べさせていきましょう。
 

スポンサード リンク

 

脂肪が『毒』をため込んでいる

 
これは初耳という方は多いのではないでしょうか?
 
食品添加物や農薬、薬など現代にある特有な『毒』の多くは
 
 
『脂溶性毒』
 
 
言葉通り、現代の毒は油に溶けるものばかりなんです。
 
つまり、脂肪が多い肥満の人は毒をたくさんため込んでいる可能性が。
 
血液中に出たり入ったり、外から摂取した『毒』が全身をめぐり回ります。
 
全身をめぐる訳ですから、もちろん頭皮にも行き渡ってしまいます。
 
良いものを送りたいはずなのに、真逆の『毒』を送っていては
 
髪の毛が生える環境とは程遠い所に行きついてしまっています。
 
 
さらに髪の毛にとって悪影響を及ぼしているだけでなく、
 
僕たちの『脳』まで攻め込んできます。 
 
実は人間の『脳』はほとんど脂肪。
 
『毒』は脂肪に入り込んでいくのでモロに害を受けてしまいます。
 
そこから神経系、細胞膜にも容赦なく入り込んできて身体をむしばんでくるのです。
 

毒のかたまりである脂肪を減らす

 
このようにただ太っているだけと言ってられないことが分かりました。
 
常に『毒』をストックして持って歩いているようなもんです。
 
 
肥満は髪の毛に少なからず良いとは言えません!
 
 
まずは食べ過ぎをやめ『腹八分目』を心がけ
 
 
身体や髪の毛にとって『質の高い食生活』を送っていく!
 
 
脂肪という『毒』を身体から削ぎ落とし
 
 
質の高い栄養が巡る健康な身体を作り上げていきましょう!
 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ