発毛効果がある睡眠ゴールデンタイム発見!薄毛改善予防、寝る子はふさふさ!?

発毛効果睡眠ゴールデンタイム。薄毛改善・ハゲ予防

 
薄毛にお悩みの皆さん!
 
 
夜更かしなんてしてませんか!?
 
 
深夜12時を過ぎても
 
「ここからが楽しい時間や~」
 
とテレビ見たり、漫画を読んだり、ゲームとかしてませんか?
 
 
それって髪の毛が育つチャンス潰してますよ!!
 
 
あっ、ついつい熱くなってしまいました。。
 
だって、髪の毛のために質の良い栄養摂って、毎日笑顔で細胞を活発化させて
 
ここまで一生懸命努力してきたのに。。。
 
 
半分捨ててるようなもんですよ(泣)
 
 
睡眠は身体のメンテナンスをする重要な時間です。
 
ここで食事で摂った、たっぷりの栄養で身体をメンテナンスしていきます。
 
背が伸びたり、傷口が治ったり、ケガが治ったり。
 
もちろん髪の毛が成長のも睡眠中です。
 
ただ!
 
生きていくために必要な『臓器や脳』が優先的にメンテナンスされ
 
生きていくのに優先度の低い『髪の毛や爪』は後回しにされてしまいます。
 
 
睡眠不足は良くありません!髪の毛たちの悲鳴が聞こえます。
 
 
「やっと脳や臓器のメンテナンスが終わったから
 
いよいよ僕たち(髪の毛くん)のメンテナンスの時間だ♪」
 
 
「ってあれ!?いよいよメンテナンスって時に 
 
ご主人様が起きちゃった!成長できないよぉ。。」 
 
 
と毎日夜更かしを繰り返して、髪の毛の成長を止めていませんか!?
 
赤ちゃん髪の毛たちはいつまで経っても
 
太く硬い立派な大人の髪の毛にはなれないでいます。
 
 
しかもメンテナンスされず栄養も行き届きにくいから、ガリガリで細々しています。
 
やがて息絶えて、頭皮から抜けてサヨナラしていきます。。
 
なんと可哀想に。。。
 
髪の毛と同じように後回しにされている肩身の狭い『爪』を見れば
 
健康状態が分かるというのも、こういうことなんですね。
 

スポンサード リンク

 
 
では髪の毛に良い睡眠とはどのようなものなのでしょうか。
 
髪の毛が一番成長しやすい『ゴールデンタイム』 をお教えします!
 
 
それは
 
 
『22時~2時』
 
 
この時間帯に熟睡できている事が重要になってきます。
 
この時間にもっとも成長ホルモンが分泌されます。
 
そして髪の細胞分裂が活発に行われ、髪の材料である栄養をもとに成長していきます。
 
 
どんなに睡眠時間が短かったとしても 
 
この『22時~2時』の4時間 は寝ていたいものです。
 
 
ここで「22時に寝るなんて小学生か!」
 
 
なんて厳しい突っ込みを入れられると思いますが
 
僕も仕事の関係やらなんやらで24時前に寝るのが精一杯です。
 
1時間でも2時間でもこの『ゴールデンタイム』 に寝られるよう調整中です。
 
ここで強者は、22時には寝て2時過ぎに起きて仕事してるなんて方も。
 
僕なんか一度寝たらそのまま朝だね。すごいわこの人(笑)
 
理想は22時ですが、せめて日付が変わる前には眠りについていたいですね!
 
 
 
睡眠の長さについては、個人差があり、日中に眠気を感じない程度寝ていれば
 
足りている証拠らしいので、長さよりも質を大切にしましょう。
 
ちなみに
 
6時間未満の人を「ショーとスリーパー」
 
9時間以上の人を「ロングスリーパー」と呼ぶそうです。
 
強いて言うなら、ちょうど間をとって『7、8時間』てところでしょうか!
 
 
 
このように睡眠は髪の毛が成長できる絶好の時間です。
 
 
まさに『ゴールデンタイム』 という名にふさわしい時間なのです。
 
 
髪の毛が生えやすい身体作りの一環として、睡眠の質に注目していきましょう!
 
 
生まれたての赤ちゃん髪の毛を少しでも
 
太く硬い立派な大人の髪の毛に育てていきたいですね!
 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ